披露宴や結婚式を挙げないのであれば、新生活の準備として100万円程度を用意しましょう。

MENU

結婚に必要な資金

 

預金通帳の画像

 

婚活をするなら、当然結婚した後の生活についても準備しておく必要があります。
素敵な男性に巡り会って結婚したのに、その後の生活が苦しくては悲しくなるでしょう。

 

不況に喘ぐ今の日本では、男性の稼ぎはかなり低くなっています。
男性の稼ぎを当てにするよりも、女性が結婚生活の資金を溜めておくのが良いでしょう。

 

ゼクシィの結婚トレンド調査では、結婚指輪や結納、新婚旅行や結婚式などの費用は、平均で430万円となっています。

 

男性と女性が半分ずつ出したとしても、215万円が必要になります。両親に結婚式の費用を援助してもらうのも可能ですが、それにしても100万円以上の貯金が無ければいけません。

 

現在の貯金が平均に満たない場合は、今日からでも節約を始めてみましょう。

 

ちなみに、披露宴や結婚式を挙げないのであれば、費用はガクッと下がります

 

平均で430万円の出費となっていますが、この内の約300万円程度が披露宴や結婚式の費用なのです。新婚旅行や新生活へ向けての準備であれば、100万円程度で済むでしょう。

 

婚活をする際、男性の価値観について確認しておくのもポイントです。

 

男性が結婚式を挙げるのに前向きなのか、それとも否定的なのかは大きな要素です。
実際、婚活で知り合った男女が結婚式場の予算で揉めて別れるケースがあるのです。
華やかな結婚式のためにも、貯金をしておいて損はありません。

 

また、結婚式の他にも新居や新しい生活に向けての準備も必要です。
家具や日用雑貨を整えるのに50万円ぐらいの予算は見ておく方が良いでしょう。

 

何か不足があった場合やちょっとしたお祝いのためにも、プラスで50万円ぐらいの余裕は欲しいです。子供を作る予定があるなら、将来へ向けての貯金もしていかなければなりません。

 

結婚式には430万円新婚生活には100万円、お互いの貯金を合わせてこれぐらいは持っておきたいところです。

 

男性の貯金に頼るのも良いですが、頼り過ぎると結婚生活が苦しくなります。
養ってもらう女性の時代は終わり、今は男性と女性が支え合って行く時代に移り変わっています。
結婚に必要な資金をしっかりと溜めておきましょう。